ヨドバシドットコム問題について

スポンサーリンク
Web制作




先日から「ヨドバシドットコムが繋がりにくい」「機会損失額は数億円」という話題がでています。
私も試してみていますが、今日もまだ繋がらなくてお詫びのページが表示されるまでにものすごい時間がかかっています。
ネットワーク側から見たヨドバシカメラ問題」の記事が参考になりますが、やっぱりCMSの問題が大きいようですね
制作会社として、しかもシステムもやる会社としては他人事では済まされないこの問題、このニュースがでてからいろんな記事やブログを読みふけっています。
私たちも大きなシステムをつくったときは当然負荷対策や試験はするわけですが、大規模なサイトでクライアント側もこういう事に理解があればいいものがつくれるのですが、Webに理解のない会社の方が「思いついたビジネスモデルでサイトをつくって上場したいと思う」という話から制作に加わるなんてケースだと、今回の問題は本当に他人事じゃない!!という問題でもあります。
サイトの制作はデザインだけで完結するものでもなく、システムだけで完結するものでもないと思います。負荷対策や運用後のこと、そのサイトでどんな結果を出していきたいかをクライアントと一緒になって考えていかなければ・・・
他人事で終わらせないためにも、考えなければならないことはいっぱいありそうですね。
「ヨドバシ・ドット・コム」がリニューアル直後から表示が遅すぎて激重になる大規模障害が発生、一体何が起きているのか?
ヨドバシドットコムのリニューアル失敗から学ぶべきたったひとつのこと
大手ECサイトのヨドバシドットコムが、サイトリニューアルから大規模な障害を3日間…
ヨドバシカメラのサイトが「動かないコンピューター」状態、機会損失は既に数億円規模?

コメント

  1. ピクシー より:

    いつも勉強させていただいてます!
    これからも宜しくお願いします!

  2. WebCrafts より:

    >ピクシーさん
    コメントありがとうございます
    私もピクシーさんのブログで勉強させてもらっていますよ
    これからもよろしくお願いしますっ

タイトルとURLをコピーしました