中国出張日記(瀋陽〜哈爾浜(聖ソフィア教堂〜中央大街))

スポンサーリンク
WebCrafts




ただいま!!
11/2から11/8まで中国の瀋陽から哈爾浜にいってきました。2日から4日までを瀋陽で過ごし、4日の夕方から8日までを哈爾浜で過ごすというハードなスケジュールでしたが、久しぶりの中国を思いっきり満喫してきました。
この記事は主に7日の行動を書いています。他の日はほとんどが仕事だったので、食事のことぐらいしか書けなくてごめんなさい。
7日は、ゆっくりと寝てホテルの朝食バイキングに向かいました。前の日に10時前に行ったら終わってしまっていたという悲しい思いをしたので、今日は9時にバイキングに・・・何故か私たちが最後の客で、もう片付けが始まっていました。客がいなくなりはじめると同時にホテルのスタッフが同じ場所で食事を始めるみたいで、スタッフの方々からの微妙な視線が・・・
でも、この時間に行くともう食べるものがほとんど残っていなくてがっかり・・・
ホテルのスタッフさんたちはどうするのかな?と見ていると、机の影にしっかり自分たちの分を隠していました。
「ずるーい」と思いながらも、こういうところが面白いのかな?



ここは哈爾浜のロシア国境近くの中央大街の風景です。この日はすごく寒くて気温が氷点下1度から氷点下9度!!マフラーと帽子、手袋が手放せませんでした。
それでも寒くてガタガタ震えながらの観光です。



有名な「聖ソフィア教堂」、この写真は教会の隣にある建物をバックに撮ってもらいました。写真を撮っている観光客やカップルで賑わっていました。なぜか男性同士のカップルもいてびっくり、「日本人ですか?」と上手な日本語で話しかけられちゃいました。



これが、その「聖ソフィア教堂」です。残念ながら中には入りませんでした(寒くて寒くて、もう限界で)。



哈爾浜の駅です。すごく混雑しています。タクシーやホテルの客引きがすごくて、ちょっとでも油断するとかこまれてしまいます。
実は写真とは順番が逆ですが、この日はホテルを出てからまずは哈爾浜の駅に向かい、駅でまだ中国に残って仕事をする人の分のチケットを買い、ここからタクシーで聖ソフィア教堂まで乗せていってもらいました。
歩くつもりだったのですが、あまりの寒さと空腹で、一度は「駅前のケンタッキーで軽く食事をとってから」と・・・ケンタッキーに入ったのはよかったのですが、物凄く混雑していたのでケンタッキーの前からタクシーで移動してしまいました。
運転手さんに「歩こうと思ったけど」と話しかけたら、「この寒いのにそれは無謀でしょ」と笑われてしまいました。
聖ソフィア教堂の前の餃子屋さんで昼食を済ませ、中央大街に向かい、アイスクリームを食べてホテルに戻りました。このアイスクリームも独特の味で、すごく美味しかったです。

コメント

  1. ヌーボー より:

    中国での色々な体験。面白そうですね。時には腹立つことも、余裕で楽しんでおられますね。さすがー。

  2. WebCrafts より:

    >ヌーボーさん
    実際には余裕でもなかったんですよー
    中国語ができないので
    もう笑うしかないって感じでした
    もっと書きたいことは一杯あるのですが、見るとずっと中国ネタばかりだったので、しばらくはこのネタは封印かも?

  3. ヌーボー より:

    中国は英語かいざとなれば筆談もできますよね。

  4. ヒロトン(豚) より:

    WebCraftsさん、お帰りなさい!
    てっきり、ただいま中国におります。
    という意味にとっていました。・・・・笑
    (その前の文が日本に帰る準備と思っていたのですが・・・・?)
    ご無事そうでなりよりです。(*^_^*)

  5. WebCrafts より:

    >ヌーボーさん
    ええ、筆談も・・・
    ですが、筆談用に持ち歩いていたボールペン(日本のコンビニで買ったもの)を、食事中机の上に置きながら食事していたら店員が食器と一緒に持って行ってしまったというトラブルがあって、後半は筆談もできなくなっていたのです。

  6. WebCrafts より:

    >ヒロトンさん
    あはは
    確かに混乱しちゃいますね
    中国楽しかったですよーーーー

タイトルとURLをコピーしました