日本のWebは残念?

スポンサーリンク
日々雑感




この頃はバタバタしていたので、意見もあったけど書けないままでしたが、一ヶ月ほど前に「日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く」と言うインタビュー記事が公開されて話題になりました。
わからないでもない・・・けれど、残念って言葉で片付けちゃっていいの?
今こそ、何かするべき時期じゃないのかなぁと・・・閉塞感があるならそれを打ち破らなきゃ!!と思うわけです。
残念と言われているかもしれないけど、利用者は増加の一方にあるはずだし、ネットにビジネスの場を求めてくる人、IT業界で働きたいという人はまだまだいます。
今、この業界に関わっている私たちで明るい未来をつくらなきゃ!!
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)」と言う本もまだ買っていませんでした。読まなきゃ!!
日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く
梅田望夫氏の開き直り
梅田望夫は「残念」なただ一つの理由

コメント

  1. やまゆり より:

    梅田さんの記事、知らなかったので(汗)読みにいきました。あまり、この手の本や記事って目を通してないんです・・・
    ウェブを専門にしている者として、「残念」と言われないように何かできないかなぁ、と考えてしまいます。
    それより先に、自分自身に閉塞感があるので、そちらをなんとかしないと(笑)

  2. >やまゆりさん
    閉塞感・・・
    私も常に感じています
    この仕事にはつきものですよね

タイトルとURLをコピーしました