東北地方太平洋沖地震被災者支援の為のチャリティセミナー




この4月17日 12:30〜下記のイベントを開催することになりました。「GoogleEarthデジタルアーカイブとソーシャルメディアの活用」として、参加費の50%を義援金として寄付するイベントです。講演者の渡邉准教授のサイトで紹介されていたPhotos of Japan After Earthquake and Tsunami – Photographs – NYTimes.comを紹介します。



日本のマスコミからは報道されていない、これが今の東北の現実です・・・

この度起きました、東北地方太平洋沖地震被災者支援の為のチャリティセミナーを開催いたします。今回起きた自然災害そして救難、救助そして世界中がその復興支援に乗り出している中でFaceBook沖縄グループのメンバーを始め関心のある方が集い、情報を共有・ディスカッションすることで未来へ繋げて行ければと思います。具体的な基調講演やパネルディスカッションの詳細は下部ページをご覧頂ければと思います。17日清明真っ盛りの時期でありますが趣旨をご理解頂きたくさんの方の入場をお待ち申し上げます。
主催者:Facebook沖縄ユーザーグループ
●テーマ
東北地方太平洋沖地震被災者支援の為のチャリティセミナー
「GoogleEarthデジタルアーカイブとソーシャルメディアの活用」
●入場料:千円
(内500円を義援金として寄付します。残りは全て実費費用に宛てます)
開場:12時半
開始:13時~16時(10分休憩)
参加人員予定:150名
主催:Facebook沖縄ユーザーグループ 
協賛:関東沖縄IT協議会 http://www.koi-c.org/
※駐車場あり
●予定
1)基調講演:13時~14時半
2)10分休憩
3)パネルディスカッション:14時45分~16時終了
●基調講演テーマ:
「戦争の記憶・震災の情報を伝えるGoogle Earthアーカイブ」
首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 准教授 渡邉英徳
Google Earthをはじめとするデジタル・アースは,詳細な衛星画像をダイナミックに閲覧可能なツールであるとともに,バーチャルな地球上にさまざまなデータを重層表示してアーカイブズ化し,すべての情報を俯瞰的に把握することができるすぐれたプラットフォームです.また,TwitterやFacebookと位置情報をつかって連携させることで,世界中でおこなわれているコミュニケーションの拡がりと人々のつながりを可視化し,コミュニティを形成するソーシャルメディアとしての可能性も持っています.
私たちはこれまでに,海面上昇の危機に瀕する孤島「ツバル」に住む人々や長崎原爆の生存者の証言の可視化,実写版「宇宙戦艦ヤマト」の世界観のプレゼンテーションなど,さまざまなアーカイブズを制作し,それらをTwitterと連動させたソーシャルメディアプロジェクトを展開してきました.3月11日に発生した東日本大震災においては,ニューヨーク・タイムズ掲載の写真データや,HONDA / TOYOTA提供の通行実績情報を用いたマッシュアップを速報的に公開しています.また,今夏公開に向けて「ヒロシマ」「与論島」をテーマとしたプロジェクトも進行中です.
本講演では,上記のプロジェクト群,また首都大学東京の大学院生メンバーによる作品などを紹介し,デジタル・アースの持つ大きな可能性についてお話しします。
●パネルディスカッション
FaceBookやソーシャルメディアの活用について各界でご活躍の方々へお話を伺いながら危機管理や諸問題についてディスカッション致します。
司会:稲泉誠
株式会社DMF 代表取締役
https://www.facebook.com/inaizumi
パネラー
渡邉英徳
首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 准教授
https://www.facebook.com/hidenori.watanave
鈴木 孝昌
WEBCRFTS CEO
https://www.facebook.com/webcrafts
宜保 文雄
株式会社レキオス 代表取締役
http://www.lequios.co.jp/
今井 恒子
株式会社フロッサ 代表取締役
https://www.facebook.com/tsuneko.imai

参加のお申し込みはこちらからお願いします。

YouTubeチャンネル登録をよろしくお願いします→すずきたかまさのゲーム実況

動画チャンネル

すずきたかまさのはいさい沖縄
すずきたかまさ(はいさい沖縄)ゲーム実況
沖縄中国語・韓国語教室/みえちゃんねる

その他ブログ

はいさい沖縄
すずきたかまさ(はいさい沖縄)ゲーム実況(ニコ生)
沖縄中国語教室日誌 沖縄で中国語&韓国語を教える中国嫁の日常

コメントをお願いします

コメントを残す